カテゴリー

設置する時に注意すること

お店の宣伝やスポーツの応援などに横断幕が使われていますが、横断幕の設置には、マナーとルールがあります。

誰か一人でもこれが守れていないと、周囲に迷惑をかけることになるので注意しましょう。

横断幕を設置する時に注意することを挙げておきます。

【しっかりと結ぶこと】

横断幕の設置は、基本的には四隅とその間にハトメ加工をしてその穴にロープや紐を通して柱やフェンスに結び付ける方法です。

後で解かなければならないので、解けやすいように緩めに結んで取り付ける人がいますが、解けて下に落ちたりすると思わぬトラブルになることがあります。

特に屋外では風が強いと簡単に解けることがありますのでしっかりと結ぶことが大切です。

【会場の決まりに従う】

横断幕を設置する会場には、ルールが決めてあることが多いです。

例えば大きさは縦○○mm、横○○mm以内であることとか、部活動の場合自分の学校の試合が終わったら外すことといったルールです。

ルールが守られていないと設置することを許可されませんし、他の人たちの迷惑にもなりますので必ず守りましょう。

また、当たり前のことですが法律を違反するようなこともいけません。

許可なく電柱やガードレールに横断幕を設置すると道路交通法違反になります。

【マナーを守って気持ちよく】

スポーツの試合の場でよくあるのが、決められた場所に横断幕を設置していないということです。

学校の部活の場合、学校ごとに設置場所が決められていることがあるので、それを親たちが守らないと子どもたちが辛い思いをすることがありますから注意しましょう。

Comments are closed.