カテゴリー

注文から納品まで

横断幕は注文してからどのような流れで納品されるのでしょう。

ある横断幕制作会社の注文から納品までの流れを調べてみました。

この流れは制作会社によって多少の違いはありますが、ほぼ同じ流れと考えて良いでしょう。

【注文から納品まで】

オリジナルの横断幕を作ることになったら、制作会社に見積もりを依頼します。

最近ではインターネットでやり取りできますのでとてもスムーズに進みます。

ほとんどの制作会社は無料で見積もりをしていますので、比較のためにいくつかの会社に依頼するのも良いでしょう。

見積もりをもらい、内容に納得したら注文となります。

注文方法は電話やFAX、メールでもOKなので時間を気にせず注文できます。

そして希望するデザインを会社へ送ります。

制作会社が確認し、修正や変換があれば修正します。

デザインなど全てがOKとなれば注文が確定し、制作に入ります。

その後納品となり完了です。

【納期はどれくらい?】

横断幕の納期についてですが、生地の素材によって違いがあります。

ビニールや化学繊維なら1週間程度、綿の場合は2週間程度となっています。

急ぎの場合は相談に応じてもらえますが、できれば余裕を持って注文するようにしましょう。

納期については、会社によっても違うのでそれぞれ確認するようにしましょう。

【別料金が発生することも】

見積もりで金額に納得し、注文したけれどデザインの段階でどうしても修正しなければならないとなった場合、別途手数料がかかることがあります。

これは最初に説明もあると思いますのでしっかり確認しておきましょう。

Comments are closed.