カテゴリー

サイズの選び方

横断幕は使い道によって大きさやデザインは変わります。

設置する場所によって大きさは違いますし、またその場所に合った大きさでないと周囲にも迷惑をかけることになります。

設置する場所に合った横断幕のサイズについて調べてみました。

【屋内につける横断幕】

お店の中や体育館といった室内につける横断幕のサイズでちょうど良いのが、横1800mm、縦500mmのものです。

宣伝やイベントの告知、応援などに使う際に良いと言われています。

視界に入りやすく、邪魔にならないサイズがちょうど良いのです。

【屋外につける横断幕】

歩道橋や商店街といった屋外につける横断幕ですが、まず歩道橋はある程度の大きさがないと内容を明確に伝えることができません。

しかし大きければいいというものでもないので、適度な大きさというと横3000mm、縦500mmと言われています。

商店街では、販促や宣伝、PRが主ですが、装飾という効果も期待されます。

ここでは横3600mm、縦500mmくらいが適切だと言われています。

【サイズが合っていないとデザインが活きない】

いくら良いデザインの横断幕を作っても、そのサイズが設置する場所に合っていないとデザインは活きてきません。

屋内、屋外に合うと言われるサイズを知っておき、それに合うように作ると失敗しません。

アレンジが強すぎるとかえって不釣り合いで、応援や宣伝の意味がなくなります。

これらは定番サイズですから、だいたいこのサイズで作っておけば間違いありません。

Comments are closed.